それでは最後に、トイレが詰まってしまったものの、業者を呼ぶ前に自分で対処する、という方法について紹介します。業者を利用する場合、少なくとも無料という訳にはいきません。ある程度の費用が掛かることになるため、自分で対処するとこができるのであればそれに越したことはないでしょう。

 

では、自分でトイレのつまりを修理する場合、どのようなものが利用できるのでしょうか。まず利用できるものとして「ラバーカップ」があります。スッポンと呼ばれることもある、ゴムの付いた掃除道具です。これは真空状態を利用することによって配管内部のものを引っ張り出す道具で、繰り返し利用することによって詰まってしまっているものを引き上げ、少しずつ流すことによってつまりを解消することができます。多くのつまりはこれで解消することができますが、何度使ってもつまりが解消しない場合は重症なケースが考えられますので一度使用を控えて、専門の業者を呼びましょう。

 

もう一つ、比較的簡単な処理方法として「お湯」を使うものがあります。トイレのつまりの原因となっているのは、トイレットペーパーの場合が多いです。トイレットペーパーは温度が高い水のほうが溶けやすい性質があるため、お湯を入れることによって水温を上げ、内部で詰まっているものを溶かすことで対処ができる場合があります。この時注意してほしいのは、溶かさなくてはいけないからといって市販の排水パイプ用洗浄剤を使用してしまうことです。これらは基本的にお風呂場の髪の毛などのたんぱく質を溶かす分野の薬剤ですのでトイレットペーパーを溶かすことは出来ません。悪化する場合がありますのでお湯で溶けない場合は、やはり業者を待つことをおすすめします。

 

リンク-トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法